So-net無料ブログ作成

タクト 初回オイル交換 [スクーター]

タクトを新車で買い、買い物などで使っています。音も静かですし、なかなかいいスクーターですが、以前の2stと違って水冷の4stでありオイル交換が必要です。納車から500kmくらい走ったので、初回のオイル交換を行いました。

オイルは余っていた、ワコーズの4CT-Sです。タクトにはもったいない(?)高級オイルですが、エンジンがスムーズに回るようになりました。

こちらです。
tact_oil2.jpg




タクトの指定オイルは、ホンダの「ウルトラE1」というもので、スクーター用のオイルです。新車にもおそらくこれが充填されているのだろうと思いますが、普通に走ります。別に不満はありません。

今回は初回であることから早めの交換とし、ケイマンに使って少し余っていたワコーズの4CT-Sに交換しました。

楽天ではこちらです。





タクトのオイル交換は難しくありません。ネットにもいろいろ記事がありますので、その通りにするだけです。

まずは、例によって100円ショップでオイル交換グッズを買い込みます。今回はオイルジョッキがわりの計量カップを買いました。(上写真です)

あとは、ドレンワッシャーです。これはそのあたりのホームセンターで買いましたが、要するにM12であればなんでもよさそうです。スズキ用とありますが、M12で外径20mmならおそらくOKだろうと思います。銅とアルミのものがありましたが、純正がアルミのようなのでアルミにしました。
tact_oil3.jpg



あとはオイルを入れるジョウゴがなかったので、コピー用紙で作りました。数枚重ねたうえに丸めてガムテープで固定しただけです。ついでに車体にも固定しました。かなり適当な工具?ですが、これでも十分に機能します。終了したら捨てるだけなのでお手軽です。
tact_oil1.jpg


また、オイルを抜く前に、少し走るかアイドリングして車体内のオイルを温めておきます。
また、入れるオイルも温めておくほうが入れやすいですが、今回は手抜きで電磁調理器で缶ごと温めました。破裂するリスクがありますが、非常に簡単です。(厳重なモニタリングが必須です。おすすめはしません。奥様?にも怒られる可能性が十分にあります。)
tact_oil4.jpg

具体的な工程については省略します。特別なことはしていません。今回は0.7LでFullになりました。もうすこし少なくてもよいのかもしれません。

なお、初回とはいえ距離は短いことから、抜いたオイルはあまり汚れていませんでした。当然かもしれませんん。



オイル交換後の感想ですが、さすがにスムーズになりました。タクトは、ガソリン車というよりはモーターのような「ウイーン」という音がしますが、その音がさらにモーターに近づいた印象もあります。
ケイマンの時に感じましたが、4CT-Sは車が軽く感じるオイルです。これはタクトでも同じで、なんとなく軽い感じがあります。

今回は初回なので短い距離で交換しましたが、今後の間隔をどうするかは悩みます。3000kmごとや、半年ごとなどという感じらしいですが、4stの50ccスクーターはオイルには敏感らしく、定期的な交換を強く勧めらているので、ひとまず半年ごとの予定です。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。